代ゼミライセンススクールで資格を獲ろう!有名資格試験指導学校の講座をお近くの代ゼミ校舎で受講できます。

HOME > サイトのご利用規約

代ゼミライセンススクール ウェブサイト利用規約

  • 【第1条】規約の適用について
    代ゼミライセンススクール(以下「YLS」という)は、以下の規約に基づいて、ネットユーザにサービスをご提供いたします。ネットユーザがYLS.acをご利用される場合、この規約の内容を承諾いただいたものとみなしますので、本規約を注意深くお読みください。また、特定のサービスのご利用に際して付加されているガイドにつきましては、それぞれのサービスをご覧ください。各サービスごとのガイドは本規約の一部を構成しており、それらすべてを含めたものがご利用規約となっております。
  • 【第2条】規約の変更について
    本規約の内容は、必要に応じて変更することがございますが、その都度ネットユーザにご連絡はいたしかねますので、ご利用の際には本ページに掲載されております最新の利用規約をご参照ください。
  • 【第3条】著作権・商標・特許について
    当サイトに含まれるすべては、YLSまたはコンテンツ提供者の財産であり、著作権法、および著作権に関する法令等によって保護されています。YLS.acに提供されている情報及び画像等の無断転載をお断りいたします。当サイトのレイアウト、デザインおよび構造に関する著作権は、但し書きがない限りSET.international inc.に帰属します。また、サイト上に記載されている全ての会社名、資料などには、それぞれの所有者に所有権が属する商標または登録商標が含まれます。当サイト及び当サイトに含まれる資料に関する権利及びその利用は、日本法に準拠するものとします。YLSは、当サイトにアクセスし個人的に利用される場合、およびYLSからの書面による明示的な承諾を得た場合を除き、当サイトを如何なる形式または如何なる手段によっても、複製、配布、再出版、ダウンロード、表示、掲示、または転送することを禁じます。当サイト内の掲載情報及び資料などを許可なく使用した場合は、著作権法、商標法、プライバシー及びパブリシティーに関する法律、通信に関する規制及び法令に違反する可能性があります。
  • 【第4条】アカウントについて
    当サイトをご利用になる場合、ネットユーザのアカウントとパスワードの機密性を維持し、コンピュータへのアクセスを制限する責任は、ネットユーザに帰属します。また、ユーザ自身がご自分のアカウントとパスワードを使用して行なわれるすべてのことに対する責任を認めることを承諾するものとします。YLSは、その裁量の下で、サービスの拒否、アカウントの停止、コンテンツの削除と編集を行なう権利を留保します。
  • 【第5条】コメント・コミュニケーション、その他のコンテンツについて
    当サイトをアクセスされるネットユーザは、コメント・その他のコンテンツの投稿、提案、コメント、質問、その他の情報の送信を行なうことができます。ただし、それらの内容は、法令に反するもの、他人の権利を侵害するもの、他人に経済的・精神的損害を与えるもの、猥褻なもの、品性に欠くもの、罵詈雑言に類するもの、脅迫的なもの、名誉を毀損するもの、プライバシーを侵害するもの、知的財産権を侵害するもの、いやがらせ、第三者を誹謗中傷するもの、不快感を与えるもの、嫌悪感を与えるもの、民族的・人種的差別につながるもの、倫理的観点などから問題のあるもの、あるいは、コンピュータのソフトウェア・ハードウェア・通信機器の機能を妨害・破壊・制限するように作成されたコンピュータウィルス、ソフトウェアウィルス、コンピュータコード、ファイル、プログラムを含むコンテンツをアップロードしたり掲示したり、メールなどの方法で送信すること、政治的主張、商業目的の勧誘、勧誘を目的とするコンテンツ、ジャンクメール、スパムメール、チェーンレター、 無限連鎖講、またはそれに類するもの、メールの大量送信を含むものは、この限りではありません。虚偽のEメールアドレスの使用、他人または組織になりすますこと(故意過失に基づき誤認した場合も含む)、法律上、送信する権利を有していないコンテンツをアップロードしたり掲示したり、メールなどの方法で送信すること、その他のコンテンツの出所について誤解を招く行為をしてはいけません。YLSは、そのようなコンテンツを削除または編集する権利(義務ではない)を保有しますが、投稿されたコンテンツを常に監視しているわけではありません。すべてのコンテンツは、たとえその内容が公知、周知のものであったとしても、またはネットユーザが個人的に取得したものであったとしても、その内容に関する権利は、その内容に関する著作権所有者に帰属することを認識してください。ネットユーザがYLS.acを媒体として他人に掲載、開示、提供または送付するコンテンツに関する責任は、ネットユーザ自身が負います。YLSがネットユーザに代わって責任を負うことは一切ございませんし、ネットユーザがサービスを媒介として他人に掲載、開示、 提供または送付されるコンテンツを管理したり、その内容の信頼性、真実性、適法性を保証したりすることは一切ございません。つまり、ネットユーザが、ご自身で掲載、開示、提供または送付したコンテンツに関して刑罰を受けたり、損害賠償請求をされたり、第三者から異議を申し立てられたりする可能性があるということをよくご理解いただく必要があります。YLSはコンテンツの内容および当該内容を使用したことに起因する損害については責任を負いません。
    ネットユーザがコンテンツをご利用される際は、内容の信頼性、正確性、完成度、有用性、有益性などについてご自身で判断され、ご自身の責任とリスク負担のもとで行なうことに同意するものとします。したがって、たとえば掲示板などのすべてのサービスを含め、YLS.acに掲載されているコンテンツは、信用・信頼することができないものである可能性があることをよくご認識願います。
    法令に従って要請されたとき、または法律手続き上必要な場合、本規約を遵守していただくために必要な場合、第三者の権利を侵害しているコンテンツに対するクレームに対応するために必要な場合、 YLSまたはネットユーザの財産、権利、生命、身体、業務等の安全や公益を守るために必要な場合など、YLSが必要であると判断したときは、YLSはコンテンツおよびコンテンツに係わる情報を保存し、または開示することができるものとします。
    ネットユーザは、コンテンツを含むサービスの送信を受信する過程で、種々のネットワークを経由することを理解し、接続しているネットワークや機器、機材によっては、それらに接続したり、それらを通過するために必要なデータ、信号等の変更がされる可能性があることを理解したうえで、サービスを利用するものとします。
    ネットユーザがコンテンツの投稿または素材の送信を行なった場合、ネットユーザは、YLSに対して、そのようなコンテンツを日本の国内外で無償で非独占的に使用する(複製、変更、公開、送信、頒布、配布、譲渡、貸与、翻訳、翻案を含む)無償の、永続的な、取り消し不可能な、完全なサブライセンスを含む権利を承諾したものとみなします。また、ネットユーザは著作者人格権を行使しないものとします。ネットユーザは、YLSとサブライセンスを受けた者が希望すれば、それらに対して、 そのようなコンテンツに関連してネットユーザが送信された名前を使用する権利を承諾したものとみなします。ネットユーザは、ご自分が投稿されたコンテンツに関するすべての権利を保有または管理すること、そのコンテンツが正確であること、提供したコンテンツの使用がこのポリシーに反しないものであり、いかなる他人または組織をも傷つけるものではないこと、提供したコンテンツに起因するすべての請求についてYLSに補償することを表明し、保証するものとします。YLSは、いかなる行為またはコンテンツも監視し編集する権利を保有しますが、義務はありません。
    YLSは、ネットユーザまたは第三者から投稿されたいかなるコンテンツに対しても、責任を負わず、義務が生じることもありません。
  • 【第6条】プライバシーについて
    YLSにおけるプライバシーに対する考え方の内容は、ネットユーザがYLS.acを利用される場合にも適用されます。ネットユーザが登録された情報およびYLSが取得したネットユーザに関する情報は、YLSのプライバシーの考え方に従って取り扱われます。YLSのプライバシーの考え方は別途こちらに記載のとおりです。よくお読みになり、ご理解いただきますようお願いいたします。
  • 【第7条】掲載情報について
    YLSは、サイト上の商品説明をできる限り正確に保つことに努力を惜しみません。しかし、YLSは、当サイトの掲載情報、その他のコンテンツに関してその完全性・正確性・信頼性・安全性・有用性等につき、一切の保証を行なうものではありません。
  • 【第8条】YLSに対する補償について
    ネットユーザがサービス中に送信したコンテンツ、ネットユーザによるサービスの利用、ネットユーザのサービスへの接続、ネットユーザの本規約違反もしくはネットユーザによる第三者の権利侵害に起因または関連して生じたすべてのクレームや請求については、当該ネットユーザの費用と責任で解決するものとします。また、当該クレームや請求の対応に関してYLSに費用が発生した場合については、ネットユーザは当該費用およびYLSに対して賠償金等を負担するものとします。つまり、ネットユーザが本規約に反した行為、または不正もしくは違法な行為によってYLSに損害を与えた場合、YLSは当該ネットユーザに対して相応の損害賠償の請求を行なうことができるものとします。
  • 【第9条】サービスの利用に関する制約について
    YLSは、必要に応じてネットユーザのサービスの利用に関する諸規定を作成し利用の制約をする権利を保有しています。YLSは、ネットユーザのメールや掲示などの通信内容やサービス上のコンテンツを削除し、または保存しなかったことについて一切責任を負いません。YLSが必要と判断した場合には、ネットユーザに通知することなくいつでもサービスの利用に関する諸規定を改定することができるものとします。
  • 【第10条】サービス内容の変更等について
    YLSが必要と判断した場合には、ネットユーザに通知することなくいつでもサービスの内容を変更、停止または中止することができるものとします。YLSがサービスの内容を変更、停止または中止した場合にも、ネットユーザに対しては一切の責任を負わないものとします。
  • 【第11条】広告について
    YLSは、YLS.acにおいて当サイトの選択した方法で(広告メールの発送など)ネットユーザに広告を発送することができるものとします。
  • 【第12条】リンクの扱いについて
    サービス中から他のサイトやリソースへのリンクを提供している場合、YLSは当該サイトやリソースを管理しておりませんので、YLS.ac外のサイトやリソースの利用及び使用については責任を有しておりません。また、当該サイトやリソースに包含され、または当該サイトやリソース上で利用が可能となっているコンテンツ、広告、商品、役務などについては一切責任を負うものではありません。したがって、YLSには、それらのコンテンツ、広告、商品、サービスなどに起因または関連して生じた一切の損害について賠償する責任はありません。
  • 【第13条】無保証について
    サービスの利用及び使用は、ネットユーザご自身の責任において行なっていただきます。YLSは情報提供サービス等、のサービスを提供しておりますが、将来、さまざまなサービスを追加したり、または変更、削除したりすることがあります。YLSは、ネットユーザがYLSの提供しているサービスにアクセスすることを許諾しておりますが、サービスの内容や確実な提供、アクセス結果などにつきましては一切保証しておりません。YLSは、サービスの内容、提供の状態、アクセスの可能性、使用の状態については一切保証しておりません。YLSは、サービスがネットユーザの希望を満たすこと、サービスの提供に不具合やエラーや障害が生じないこと、サービスから得られる情報が正確なものであること、提供されるソフトウェアの不具合やバグが修正されることなどについては一切保証しておりません。
    サービスを利用してダウンロード等の方法で入手するすべてのものは、ダウンロードを行なうことを含めてネットユーザ自身の責任で行なっていただきます。リスクはネットユーザ自身が負担することになりますので、 これらの行為の結果生じる損害についてはネットユーザがすべて責任を負うこととします。
    ネットユーザがYLSから直接またはサービスを通じてアドバイスや情報を得た場合であっても、本規約を超えて保証を行なうものではありません。
  • 【第14条】賠償責任について
    YLSはネットユーザが当サイトのご利用により被った一切の損害に対し、如何なる責任も負わないものとし、一切の損害賠償を負う義務はないものとします。
    ネットユーザは、サービスを利用したこと、または利用ができなかったこと、サービスを通じて取引を行なったり、入手した商品を交換しもしくは代替等させるために費用を要したこと、ネットユーザの送信やデータへの不正アクセスや不正な改変がなされたこと、サービス中の第三者による発言又は送信や行為、その他サービスに関連する事項に起因または関連して生じた一切の損害について、YLSが賠償責任を負わないことに同意します。
    YLSは、適用される法律によって認められる限り、商品性および特定の目的に対する適合性の黙示的な保証を含みこれに限定されない保証を、明示的であるか黙示的であるかにかかわらず、一切いたしません。YLSは、当サイト、サーバー、YLSから送信されたEメールが、ウイルス、またはその他の有害な要素に感染していないことを保証いたしません。YLSは直接的、間接的、付随的、必然的な損害を含みこれに限定されない、当サイトの使用から生じるいかなる種類の損害に対しても責任を負うものではありません。
  • 【第15条】通知または連絡について
    ネットユーザへの通知またはご連絡が必要であるとYLSが判断した場合には、メールまたは郵便を用いて行ないます。
    ネットユーザが、YLSに対し連絡が必要であると判断した場合には、それぞれ該当する窓口あてにメールまたは郵便を用いて連絡を行なうものとします。
    YLSは、原則として電話、来訪によるご連絡はお受けいたしかねます。
    しかし、ネットユーザがYLSの在校生である場合はこの限りではありません。
  • 【第16条】免責事項について
    • 1. 当サイト利用に関する免責
      • (1)YLSは、ネットユーザが当サイト及び当サイトを通じて他のサービス等を利用することにより、または、利用できなかったことにより発生した一切の損害について、いかなる責任も負わないものとします。当サイトの利用は、ネットユーザご自身の責任において行なうものとし、ネットユーザの故意過失に関わらず、当サービスで発生しうるリスクは全てネットユーザが負うものとします。
      • (2)YLSでは、ご提供するサービス及び情報の品質については如何なる保証も行なっておらず、本サービスの停止、欠陥およびそれらが原因となり生じた損失や損害については一切の責任を負わないものとします。
      • (3)YLSは、都合によりネットユーザの了解を得ずに、当サイトの提供を廃止する場合があります。当サイトは、これにより発生した一切の損害について、いかなる責任も負わないものとします。
    • 2. 電子メールに関する免責
      YLSは、ネットユーザが当サービスを通じて受信した電子メール及びデータ等について、その安全性、正確性、適用性、有用性等如何なる保証も行ないません。
      当サイトへ、違法・脅迫・誹謗中傷・名誉毀損・猥褻・扇動・ポルノ・冒涜的、その他法の下で民亊責任または刑事責任を生じる可能性のある情報や資料を掲示または送信することは禁じています。
    • 3. 掲載内容に関する免責
      • (1)YLSは、掲載情報の誤りや不完全な情報掲載等の事態が発生した場合であっても、一切の責任は負わないものとします。
      • (2)当サイトでは、ご提供するサービス及び情報、リンクされたサイトのサービスおよび情報、Eメールなどの内容により、ネットユーザに生じた損害に対して、如何なる責任も負わないものとします。
    • 4. 広告に関する免責
      YLSは、ネットユーザが当サイトを通じて受信した広告について、その安全性、正確性、適用性、有用性等如何なる保証も行ないません。広告に起因する一切のトラブルについては当該当事者間でこれを解決し、YLSには一切の責任がないものとします。
      • (1) 当サイトは、次の次号に該当する場合には、当サイトの提供を中止・中断することができるものとします。
        • 1) 当サイトのシステムを保守点検する場合、サーバを保守点検する場合。
        • 2) 突発的な電気通信設備の故障等が発生した場合。
        • 3) 当サイトの利用する電信通信サービスが中止されることにより当サイトの提供に困難が生じた場合。
        • 4) 火災、停電、天災地変等の不可抗力により本サービスの提供ができなくなった場合
        • 5) その他、運用上当サイトが一時的な中断を必要と判断した場合
      • (2)YLSは、前項の規定により、当サイトの提供を中止・中断する場合は、原則として当サイトが適当と判断する方法で事前にネットユーザにその旨を通知します。但し、緊急の場合はこの限りではありません。
      • (3)YLSは、理由の如何に関わらず、当サイトの提供の遅延または中断等が発生しても、その結果ネットユーザまたは第三者が被った損害について一切の責任を負わないものとします。
  • 【第17条】準拠法・裁判管轄について
    本規約に定めない事項ならびに本規約のいずれかの条項の解釈に疑義が生じた場合は、誠意をもって協議し、その処理・解決にあたるものとします。なお、本規約の成立、効力、履行、解釈、本規約にない事項及びトラブルの解決に関しては、日本国の法令に準拠し、適用されるものとします。
    また、YLS.acへのアクセス、またはYLS.acを通じた何らかの点で関連する紛争に関してはすべて、代ゼミライセンススクール所在地の管轄裁判所のみを第一審の専属管轄裁判所として指定します。
  • 【第20条】実施日について
    本規約は、2001年9月28日により実施いたします。