代ゼミライセンススクールで資格を獲ろう!有名資格試験指導学校の講座をお近くの代ゼミ校舎で受講できます。

HOME > メール送付に際して

代ゼミライセンススクール メール送付に際して

代ゼミライセンススクール(以下「YLS」という)のご利用規約に定められているものに加え、yls.acにメールを送付する際の禁止事項は以下の通りです。

  1. 誹謗・中傷・猥褻など、公序良俗または法令に違反する文書・図画などの送信、頒布及び掲示等。
  2. 虚偽あるいは架空の身分等を偽称する(故意過失に基づき誤認した場合も含む)等の行為。
  3. コンテンツの出所について誤解を招く行為。
  4. 他のネットユーザ、第三者もしくはYLSに不利益もしくは損害を与える行為、又はその恐れのある行為。
  5. コンピュータのソフトウェア、ハードウェア、通信機器の機能を妨害、破壊制限するように作成されたコンピュータウィルス、コンピュータコード、ファイル、プログラムを含むコンテンツのアップロード、掲示、送信等。
  6. ジャンクメール、スパムメール、チェーンレター、無限連鎖講、またはそれに類するもの、メールの大量送信などの行為。
  7. 他のネットユーザ、第三者もしくはYLSの財産権、プライバシー、その他の権利を侵害する行為、または侵害する恐れのある行為。
  8. 犯罪的行為、または犯罪的行為に結びつく行為、もしくはその恐れのある行為。
  9. 法律上、送信する権利を有していないコンテンツのアップロード、掲示、送信等。
  10. YLSの承認なく、当サイトを通じて、または当サイトに関連して営利を目的とした行為、またはその準備を目的とした行為。
  11. その他、法律に違反する、または違反する恐れのある行為。
  12. その他、YLSが不適当と判断する行為。

YLSでは、yls.acのサービスを使用して送信されたメールは、YLSとネットユーザのプライベートなコミュニケーションであると考えています。従って、YLSがネットユーザのプライベートなコミュニケーションの内容について、監視したり、編集したり、公開したりすることはありません。ただし、以下の理由からYLSが介入することを要求、同意した場合は除きます。

  1. 公的機関から、法律に基づく正式な照会を受けた場合。
  2. 詐欺被害および信用リスク対策のために行なわれる、企業やその他の組織との情報交換の場合。
  3. ネットユーザの行為がご利用規約等に反し、当サイトのご利用規約の遵守を要請する必要があった場合。
  4. YLSや第三者の権利、財産等を保護するために必要と認められる場合。
  5. 生命、身体及び財産等に対する差し迫った危険があり、緊急の必要性がある場合。
  6. YLSが必要であると判断した場合。

yls.acのメールサービスを利用することにより、ネットユーザはメールの技術的な処理および伝送が、以下の通りであり制約を受ける可能性があることを承諾したうえで利用することを同意したものとみなします。

  1. メッセージを送信及び受信するものであること。
  2. 接続された種々のネットワークの技術的必要条件に準拠すること。
  3. YLSのメールに関するガイド及びご利用規約のメールサービス使用上の制約に従うこと。